光線療法(フォトセラピー)とは

光線療法(フォトセラピー)とは特定の光の周波数が体内で特定の変化を引き起こすことで身体の機能を改善・治療する療法のことです。ライフウェブの技術は、ナノクリスタル結晶等からなるパッチを使用する高度な光線療法です。体温にさらされると、パッチは特定の波長の光の周波数を放射し、人体の特定の神経と皮膚の経穴(ツボ)を活性化します。ライフウェイブのパッチは貼るとすぐに機能をし始め、電源として体温を利用する世界で唯一の光線療法製品で、電池も電子機器も必要ありません。
体温がパッチ内部のナノクリスタルを活性化させ、その後パッチは光を反射経穴(ツボ)を通して経路を刺激します。
パッチに覆われた部分は身体から発行された赤外線を体外に出さないように光を反射させます。また体内の奥へと戻った光の周波数は細胞に戻り、脳に特定の場所をさらに刺激させます。
そうすると脳は自身の自然エネルギーの流れ(気血)を整え、自分自身で治療するように指示を出します。
鍼灸治療等の経穴(ツボ)に向けて使用する光線療法(フォトセラピー)は無数の健康上の利点を提供します。Life Wave社のフォトセラピー・パッチは薬物・興奮剤、または鍼等を身体に必要としません。



Life Wave社のフォトセラピー・パッチは肌に直接貼ったり、服に貼ることで体温により発動し光の周波数を送る仕組みなので、身体に薬物・化学薬品・興奮剤等を取り込むことはありません。他の経皮パッチが薬物成分や刺激興奮剤を肌から体内へ送り込むのに対して、Life Wave社のパッチは何も体内に入れない非経穴パッチであるので副作用がありません。世界および米国アンチドーピング機構、NCAAやオリンピック委員会で試験し、安全が確認されており、多くの五輪選手、プロ・アスリートに愛用されています。
また、当社のパッチは鍼を使うことなく、特定の光周波数で経路(ツボ)を刺激することで、鍼治療を同じような体感を得ることができます。特定の光周波数が身体に良い影響を与えることは昔から知られております。(例:太陽光が身体を刺激し体内でビタミンDが生成される)
体内に存在する様々な経路(ツボ)を、それぞれ特有の光周波数で刺激することで体内栄養素とエネルギーを自然生成させると共に、エネルギー循環のバランスを改善し、自己治癒力を高めます。


パッチの仕組み

パッチの中心部はナノクリスタルの結晶からなり、皮膚に張り付けると体温によって電源が入り、転写された特定の周波数が放射され、経穴(ツボ)と経絡を通して脳にシグナルを送ります。

鍼灸の理論と同じ様に、脳から全身の自己治癒力を高める指令を伝えていく仕組みです。

アンチドーピング認証取得
薬物・化学物質は不使用。体内に何も取り込まないので、WADA(世界ドーピング機構)およびUSADA(米国アンチドーピング機構)NCAAやオリンピック委員会における試験でも安全性が確認されており、アスリートも安心して使用できます。
一般医療機器

厚生労働省より、一般医療機器の認可を得ています。各製品の届け出番号およびJMDNコードは取扱い説明書に記載されています。


100以上の特許 80以上のエビデンス
米国特許商標庁(USPTO)は、「ウェアラブル生体分子装置」として基礎となるLife Waveテクノロジーに特許を発行しました。
第三者機関によるヒト臨床試験,二重盲検査法を用いた信頼度の高いエビデンスを公開してます。